ご覧いただきありがとうございます。ふろむ50~50代主婦mamanのブログ~

「マスクの素材による飛沫拡散防止の違い」気になる富岳の検証をまとめてみました。

マスクの素材で飛沫拡散防止効果に違いがある・・・

最近またまたスーパーコンピュータ「富岳」による飛沫拡散防止効果についての検証データが出たようで、ニュースやワイドショーなどでもいくつか目にしました。

2020年8月にも「富岳」での検証データが発表され、その際も私なりに内容をまとめさせてもらい、いろいろな疑問点がありながらも「不織布マスクでも布マスクでもかなりの割合で飛沫拡散抑制効果はある!」のではないかということを記事にも書かせてもらいました。

そして、今回はマスクの飛沫拡散抑制はマスクの素材によって効果に差がある」ということがさらに検証結果として発表されたようです。

maman
やはり、そうですよね~~~
マスクといってもいろいろあるし・・・

ということで、今回も私なりに富岳での検証データについての記事やニュースを観たり聞いたり読んだりして分かったこと、思ったことをまとめてみました。

こんなことを書いています
今回の検証結果のニュース・記事からわかったこと
マスク素材の差をどうやって見分けるの?
マスクの使い分けをしつつ感染予防

これからもまだまだ感染予防対策は必要と思われます。予防に役立てていけたらと思います。

今回の検証でわかったことは・・・・

今回の富岳による検証結果からわかったことは・・・
*ウレタンマスクや布マスク
⇒隙間から出る飛沫に加え、小さな飛沫がマスク面を多く通過する
*不織布マスク
⇒隙間から出る飛沫はあるが、マスク面を通過する飛沫はほとんどない
*ウレタンマスク、布マスクより不織布マスクのほうが飛沫拡散防止効果が高い
*不織布マスクでもフィルター性能が低いものは小さな飛沫が飛んでいる

ウレタンマスク初登場!?
前回の検証の記事ではウレタンマスクのことはわからなかったのですが、今回はシミュレーションデータがありました。

ウレタンマスク、私は使ったことがなかったのですが、使っている人を見ることも多く、フィット感や付け心地が良さそうだな・・・と思っていました。が、

「ウレタン製はファッション性もあり、若い人もよくしているが、性能としてはあまりよくないことがわかった」

ということだそうです。

不織布マスクもフィルター性能によって違う
前回の検証では「不織布マスク」としてまとまっていましたが、今回はフィルター性能によって飛沫拡散防止効果が違ってくることもわかりました。

注意!いつも書いてますが・・・正しいつけ方、使用方法ではないと効果も落ちてしまうことになります。

maman
前回の検証結果では、布マスク・不織布マスクで飛沫体積の7~8割の飛散抑制できるということだったけど、今回の検証でもこの飛沫飛散抑制率については変わらず、ということだったのかな?
前回の検証で使った不織布マスクのフィルターは高性能だったのかな?
・・・・などなど疑問点もちょこちょこ出てきたりもするのですが・・・・今回は素材による効果の差を検証結果として教えてもらえたことでマスク選びの際のお役立ち情報になりそうですね。

マスクの素材による効果の差

不織布マスクでフィルターによる性能の差があることが分かったけれど・・・

どうやってフィルターの性能の差を見極めるの???
こんな疑問がでてきます。
maman
それは、マスクのパッケージに明示されているフィルター性能をチェックしたらいいですよね!
私もコロナ渦でいろいろ調べたりして、フィルターの性能についてもこちらの記事を書かせてもらいました。
使っている不織布マスクの性能をチェック!カゼ・ウイルス対策はできている!?│ふろむ50
ですが、今回参考にした記事によると、このような見分け方もアリのようです。

性能の高いマスクを選ぶポイントは…。

理化学研究所チームリーダー 神戸大学・坪倉誠教授「息のしづらいものは性能が高いと、覚えておいてもらえばいい」

「息のしづらさ」だそうです!!

maman
・・・・ということは「息苦しい」と言われていたユニクロエアリズムマスクもフィルターとしては良かったということ??
などどいう疑問がわいてきてしまったりもします。
「息苦しさ」をチェックするにしても、マスクを購入してから、ということになってしまいます。
そう思うと、マスクパッケージの性能表示はやはり大切ではないかと思うんです。
「息苦しさ」であれ、性能表示であれ、不織布マスクはフィルターの性能をチェックしたいと思います。

マスクの使い分けが大切!

今年の前半は、不織布マスクが売り場からなくなり、ネットで高額なマスクが販売され、私もあちらこちらにマスクを探しまわる日々でした。
そんななか、布マスクを手作りする人も多くなり、暑くて不快を感じやすくなるころには各メーカーが夏場に適したマスクを販売してくれるようになりました。
暑い季節にマスクを外すのが最も危ない。性能の低い布マスクでもつけることが大事
といわれているように、不織布マスクが不足していたころ、夏の暑いときは布マスクに助けられたなあと思います。
これからはますます寒くなり、ウイルス対策もさらに必要性が増すと思われます。
性能が高いことが検証で明確になった高性能フィルターの不織布マスクをうまく使って感染防止をしていきたいです。
maman
私はこうしています
検証では「不織布よりは性能が劣る」布マスクですが、ユニクロのエアリズムマスクも愛用しています。
愛犬との散歩時は屋外でもあり、エアリズムマスクを使ってます。エアリズムマスクは紫外線予防効果もあるので◎です。(時には人と会って話すことがありますがそれほど長時間にはならないので)
買い物や、長めの時間人と話すことがありそうな時などは、不織布マスク(フィルター性能がいいもの)を使用しています。
参考にした記事でもこのようなことが書かれています。

「マスクは性能だけでは語れない。不織布は性能は良いが、毎回換えないといけない。布やウレタンは何回も使うことができる。性能と通気性と費用対効果を考えて選択してもらえれば」

感染防止の性能がもちろん大事ですが、毎日のこととなると費用対効果も考えるようになります。
場所や行動によっては布マスクをうまく使っていきたいと思います。
ありがたいことに、最近は不織布マスクも各売り場で潤ってきています。今年前半のような、売り場にマスクがないとか、めちゃくちゃ高額なことはなく、コロナ渦以前に売られていた商品・価格で売られているものも多くなってきました。
アルコール消毒のための商品も今年前半に比べると充実してきました。
性能・効果を見極め、しかっり感染予防していけるようにしたいと思います。
関連記事

先日、スーパーコンピュータの富岳によるマスクの飛沫拡散防止効果についての解析結果がニュースとなっていました。 布マスクってどれくらい感染防止に役立っているの?? こんな疑問を持っていた方もいたかと思います。 私は6月にユニクロエアロリ[…]

関連する事柄にタグをつけて記事にしています。
合わせてご覧ください。感染予防・ウイルス対策│ふろむ50