ご覧いただきありがとうございます。ふろむ50~50代主婦mamanのブログ~

「情報サイトの誤情報」への「スッキリ」のコメントを紹介。私たちが気を付けるべきことは!?

主婦向けの情報サイトで誤情報があり、炎上し、記事削除することになった・・・
「スッキリ」でも取り上げていました。

ネットであまりにも多くの情報が発せられる現在、
「スッキリ」で出演者の皆さんがコメントされていたことにすごく共感できました。

ここでは、その番組でのコメントを紹介し、
ネット情報を受ける側として、また発信する側として「気を付けるべきこと」を
書かせてもらいます。

番組でのコメント

スタジオの榊原郁恵さん

今の若い人たちはどんなに忙しくてもネットをチェックする
出どころが安心できるところだと思うと真に受けてしまう
親・先生に聞くというよりもネットで調べる

母親でもある郁恵さんの言葉に同感です。
娘と話をしていても、話の中にわからないことがあると、すぐスマホで調べだします。
「わからないことはすぐ調べる」というのは、とてもいいことだと思うのですが、
それが何でもスマホからにになってしまっているような・・・・
そこから、「正しい答え」を上手く導き出すことができればいいのですが・・・

番組MCの加藤さん

ある程度基礎知識があれば「違う」と判断できる
根拠がないということで判断できるかもしれない
でも、子供のことに対してなど、我を忘れてしまうとか、
パニックになって信じてしまうこともあるかもしれない
と言われていました。
そうなんですよね。「違う」「誤情報」とわかるものはわかります。
でも、何かの原因で「冷静さ」を失ってしまっている時だとしたら、
誤情報も信じてしまう可能性があると思うと、怖いです。
橋本五郎さん
運営会社が専門家に確認するべき
今回問題になったサイトでは、数年前に担当していた元ブロガーの方によれば
運営側のチェックはなかったということでした。
「たくさんの人が見ている自覚はなく発信したい情報を自由に投稿」だそうです。
加藤さん
皆さんウソがあるということはみんなわかっているはず
それなりの信用性のあるところは信じてしまう人がいるんだという、
運営側がチェックするべき
こういったものがどんどん増えていくとサイトの信用性までなくなってしまう
受ける側が気を付けて正しい情報かどうかを判断できることが大切ですが、
発信する側・運営側が発信前に確認・チェックするべきです。

発信する側として

まだまだ小さなブログですが、「発信する側」でもあります。

先日受けた、クラウドワークスの「WEBライター検定」の事前講義動画においても、
「正しく文を書く」ことの大切さを教わりました。

再確認の意味も含めて、ここで簡単に「正しく文を書く」ことについてまとめておきます。

*情報を「正しく伝える」のはライティングの基本
*情報が「正確である」ことが大切 ⇒ 参考情報が正しいかどうかを見極め
*ネットで発信されている既存の情報の危険性を認識する
・誰が書いたかわからない情報 ⇒ 無責任な情報もある
・ネット上の情報をもとに上書き更新されたものがある ⇒ 最初に発信された情報から変わっている可能性もある
・いつ更新された情報なのかわかりにくい ⇒ 古くなってしまっている可能性もある
国などの公共機関が出している情報、出展企業名(文責)が明確な情報だけを参考にする
番組で紹介されていた、主婦ブロガーの
「たくさんの人が見ている自覚はなく発信したい情報を自由に投稿」というのは
すごく怖いことだと思います。
ネット上に発信したからには「たくさんの人が見ようと思えば見れる」ことなのだと
自覚して発信していくことが大切です。

まとめ

「スッキリ」でチラリと観ただけでしたが、
とても大切なことを言っていると思えたのでこうして記事にしました。

今回の誤情報の件はとても残念でしたが、サイトには私が見せてもらっても、
ためになる、参考にしたい記事、面白い記事もたくさんありました。

ネット上には不正確な情報もたくさんあります。
サイトを見せてもらう、記事を読ませてもらう側として
それが正しい情報かどうかを判断できるようにすることが大事だと改めて思いました。

そして、情報を発信する側としても、「正しく伝える」を大切に
信頼されるブログ運営を目指していきたいと思います。

関連記事

クラウドワークスのWEBライター検定っていうのがあるけど何? 私は3年ほど前からクラウドワークスに登録し、少しづつですが、在宅ワークをしてきました。 クラウドワークスについてはこちら ⇒ 日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワ[…]