ご覧いただきありがとうございます。ふろむ50~50代主婦mamanのブログ~

PROFILE

NO IMAGE

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
ブログ著者のmamanです。

ふろむ50~50代でブログを始めた主婦が50代目線で綴るブログ~

50・・・・・
いつかは迎えるとわかりきっていたけど、まだまだまだ先のことと思っていた年齢。
それが、あれよあれよという間に50代に突入!!
ええっ・・・😢もう50・・・😢
いえいえ、 年をとったことに落胆するよりも、
何よりもこうしてほぼ健康に50代を迎えられたことに感謝です。
それに、
50代を迎えても、更に輝いている素敵な先輩方が大勢いらっしゃいます。
まだまだこれから!!
と思わせてくれます。

そこで、何かやってみよう!
前向きに思ったものの、何か」って何???

「何か」がわからず、紆余曲折した日々。
このブログの「土台!?」ともなるべき、50年間の私の経験、思いなど・・・・
ここに紹介させてもらいます。

50年の「土台」ともなるあの頃のこと

のびのび遊んだ少女時代

子供の頃のことを思い浮かべるととにかく、「外で遊んだ」です。
自分が女子だということも忘れるくらい、毎日泥だらけでした。

そんな中、唯一、させてもらった習い事。音楽。
練習の大切さ、緊張、本番で力を出すことの難しさ、綺麗なワンピースで装うこと・・・経験しました。
課外活動では体操。
日々の姿勢、柔軟の大切さ。表現力というもの。チームワーク。
当時は無我夢中で気付いてなかったと思いますが、年を経るにつれ
「大切なもの」を教えてもらっていたんだと思うようになりました。

大学生になることができました

自由に遊び、活動させてもらっていた高校時代まで。
大学進学についても、私の考えを尊重してもらえました。
行けるものなら、大学に行きたい。でも
両親にあまり経済的負担もかけられません。
そして、自分の能力、意欲、可能性・・・いろいろ考え、目標校を決め、受験勉強に励みました。
なんとか合格。大学の4年間は、学問を学ぶというよりは「学生生活」を楽しんだという感じです。

そして、就職

バブル時代ということもあり、こんな私でも大手メーカーに入社することができました。
入社後の仕事は、コンピュータによるシステム構築。
数年間という短い在職期間でありましたが、たくさんの学びと経験がありました。

やりがいのある仕事をさせてもらい、充実した日々でしたが、やはり忙しすぎました。
20代後半に「結婚退職」というカタチで、円満退職しました。

この「退職」については、「もったいないのでは」という声もまわりからいただきました。
結婚しながらも続けて仕事をする女性先輩方もいらっしゃいました。
ですが、私としては、男女雇用機会均等法により雇われ、技術職として仕事をするからには、
「結婚したから」「女性だから」ということで、できない仕事、時間帯が出てくるような状態では
仕事を続けるのは難しいと思いました(不器用なので・・・)
なによりも
「短い期間であったが、複数のプロジェクトをやり切った」思いが強く、
忙しすぎる生活からも解放されたいというのもあり、迷わず退職しました。

嫁となり、母となり

20代後半に結婚し、子供たちを授かり、家事と育児がメインの日々。
家事と育児を通しての出来事、出会うことのできる友人、知人。日々の生活に満足していました。

忙しさから退職し、コンピュータ関係の作業は「もうたくさん」という思いがありましたが、
徐々に自宅でパソコンでの作業をする機会が増えていきました。

短期間ではありますが、無料ブログを書いていた時期もあります。
(収益のあるものではなく、単純に好きなことについて書いたもの)
発信するおもしろさと難しさを感じたり、
内容に共感してくださる方とのつながりができたり(今もいいお付き合いができている方がいます)
画像作成が好きで多くの画像を加工して搭載したのですが、
それを喜んでもらえたり,褒めてもらりしたのが嬉しかったです。

これからの時間をどうする!?

子供が大学を受験するようになり、巣立ちの時期が近づく頃になって、
「あれ、私はこの先何をするのだろう?」そんな思いに駆られるようになりました。
まわりを見てみると、
生活費のため、自分のやりたいことのため、仕事をしている人がいたり、
自分のやりたいことのために新たな勉強をしている人がいたり、
教室やサロンを開いたり、起業している人もいたり・・・

日々の生活に不満はないものの、「私はこのままでいいの???」という思いがありました。

じゃあ、自分は何ができるのだろう?何をしたいんだろう?
このころも「何か」を探していたのだと思います。
そんな私にきっかけをくれたのは、クラウドソーシングのお知らせのメールでした。

「こんな仕事の方法があるんだ!」

在宅で、多くの仕事募集案件のなかから、自分に合ったカテゴリの仕事を選ぶことができる!
仕事はやめてしまったけど、パソコンでの作業、何かを作り出すことは好きだという実感があったので、
私には魅力的な仕事形態に思えました。

在宅ワークで「知る」

クラウドソーシングサービスに登録し、多くの募集案件のなかから自分がやりたい仕事、
というより、自分でもできそうな仕事を探しました。

技術的には、まだまだな自分でしたが、
ありがたいことに、最初の契約をいだだくのにそんなに時間はかかりませんでした。
いただいた仕事は、ファッション画像の加工をして、情報を入力するという、
シンプルで簡単なことでした。
が・・・
いざ仕事を始めると、いたるところに「壁」があり、作業が手間取り、
自分の力のなさを「知る」ことになりました。


結婚を機に退職してから約20年。
仕事ブランクがあまりにも長かったことを痛感せずにはいられませんでした。
発注者の方がわかりやすい説明をしてくださったり、作業期間も長めに設定してくださったりと、
すごく助けていただき(感謝してます)、最初の仕事を完了することができました。

その後は反省もあり、ネット配信の講座(有料&無料)で学んだり、
クラウドソーシングのコンペ募集の案件に作品提案をしたり、経験数を増やしました。

現在はクラウドソーシングにて、当初よりはいくらか好条件の画像加工・編集の契約を
いただけるようになりました。
画像を加工する、デザインすることは大好きで、この仕事はとてもありがたくさせてもらってます。

もうひとつ「知る」ことができたのは、
ライティングの募集案件がとても多いということです。
私は長期契約の仕事はしてないですが、
自分の興味のある分野のもので単発でできるものを少しさせていただきました。

約20年間、「仕事」ということをしてこなかった私にとって、
ほんの少しづつではあっても、自分が作業し、
その対価として報酬をいただける、というのはとても嬉しい「前進」でした。

ですが、一方で、
「これからず~っとこの状態でいいのだろうか」
「あと何年この仕事をさせてもらえるんだろう」
「自分の生涯で、何か他にできること、やってみたいことはないのか」
「もし何かを始めるなら、年齢的にラストチャンスかもしれない」
そんな不安な気持ちもありました。

「50才、主婦、在宅、仕事、・・・」のワードを並べて検索し、記事を読み、考える日々でした。
そこで自分と同世代や少し上の先輩方の、頑張ってる姿、生き生きされてる姿を見ることもできました。
そんな先輩方がおすすめしてくださったなかのひとつが「ブログ」。
最初はあまりピンときませんでした。

そこから徐々に、いろいろな記事を読ませていただき、考え、
一方でクラウドソーシングの多数のライティング募集案件を見ていくうちに
ようやく「これだ!!」という思いが自分のなかで生まれました。

そして、このブログにたどり着きました

ずっと探してきた「何か」、それはブログだと思えたのです。

50代になり、自分の「半世紀」を振り返っても、とりたてて「これ!」というものはありません。
それでも、今までの小さな経験、学びも、自分のブログなら活かせるかもしれない。
そして、今後、この年齢だからこそ経験し、学び、時には悩んでもがくことの中にも
きっと読んでくれる方々にとっても必要な「情報」があるはず!
そう思えるようになったからです。

「ブログ」をおすすめしてくれた先輩方はかなりの努力をされて、成功を手にされた方々だと思います。
自分がその先輩方にどれほど近づけるか、それは未知です。
ですが、自分が経験し、考え、学んだことを記事にし、それが「ブログ」として残せる。
これはとても大きなことです。
そこから収益が出るようになれば、これ以上のことはありません。

今後もいろいろな学びとともに、ブログを書き続けていきたいと思います。
50代目線のブログ
ですが、それだけに偏ってしまわないように
若者(代表として20代のわが子たち)の意見も仰ぎつつ、書いていきます。

よろしくお願いします。