ご覧いただきありがとうございます。ふろむ50~50代主婦mamanのブログ~

夏に向けてコンパクト冷風扇を購入。どれくらい涼しくなるのか計測してみました。

毎日暑くなってきたけど、クーラーはちょっと苦手・・・・

こんな方いらっしゃると思います。私もそうです。

もちろん、暑い日の日中はクーラーなしでは過ごせません。
夜間もクーラーを使いますが、「一晩中」「ガンガンに」冷やすというのは苦手です。

電気代のことも気になります。

そんなに暑くはなさそう・・ という日はできるならクーラーなしで過ごしたいと思います。

「換気」も大切です。

ということで最近コンパクト冷風扇を購入しました。

こんなことを書いてます。
冷風扇について
冷風扇を選んだポイント
冷風扇を使うとどれくらいすずしくなるのか?
(実際の温度変化を計測しました)

暑い夏を乗りきるため、クーラー、冷風扇をうまく利用して体調よく過ごし、電気代も押さえられたらいいですよね。

冷風扇とは?

冷風扇とは・・・・冷たい風が吹く扇風機と言えばいいでしょうか??

考え方は打ち水と同じです。
水分が蒸発するときに熱を奪っていってくれるので涼しい空気が流れる、ということになります。

残念クーラー、冷風機に比べると涼しさは劣ります。

残念ある程度の気温になってしまうと、冷風扇は効果がないどころか湿度を高めてしまうので不快になってしまいます。

こんな残念な点もあります。

でも・・・・
それほど気温が高くない時、
夜間で気温がそれなりに下ってきた時、
クーラー苦手な私としては「優しい涼しさ」を冷風扇に期待しています。

これまでも気化熱による「ひんやり感」を感じていました。

私は和室で寝ているのですが・・・
夜寝る前に洗濯をして、夜間は和室に干していました。
すると、洗濯物を干しているまわりが「ひんやり」とするんです。

そこで、サーキュレーターを使って、洗濯物からくる「ひんやり感」がうまく寝ている自分の方に向くようにしました。

いい具合に涼しくなり、よく眠れるようになりました。

昨年の夏はこの「洗濯物+サーキュレーター」でクーラーなしで眠ることができました。
*就寝するまでは(直前までではないにしても)クーラーをつけているので寝る時点ではある程度室温は下がっています。

こんな経験もあるので、きっと冷風扇なら優しく涼しくしてくれるのでは・・・と思っていました。

購入した冷風扇

今回購入したのはコンパクト冷風扇です。

サイズ18×19.5×17.5㎝
消費電力 4.3w
タンク容量約1000ml
なぜコンパクトサイズ??
クーラーが風が届きにくいところで眠る愛犬のために冷風扇を使いたいと思っていたので、コンパクトサイズを選びました。
コンパクト冷風扇の効果によっては、買い足しを考えようと思っています。

コンパクト冷風扇の選んだポイント

コンパクトタイプの冷風扇もたくさんの商品が出ています。
その中からどれを購入するか、このようなポイントで選びました。

  • タンクに水を入れやすい
    さらに冷たくするために氷・保冷剤なども入れることができるほうがいい。
  • 分解・掃除が簡単
    水分を含むフィルターなどはやはりカビが発生しやすいということです。
    タンク・フィルター部分などは簡単に取り出して掃除できるものがいいです。
    (面倒くさがりなのでなるべく簡単にしたい・・・)
  • 風量調節ができる
  • タイマーがある
    寝る時、愛犬の留守番時に使うならタイマーがあるほうが便利です。

重視したのは上記のポイントですが、こちらも大切だと思います。

  • USB電源
    コンパクト冷風扇の良さは「いろいろなところに持ち運んで使える」というところにもあります。
    これならバッテリーがあればで場所を選ばず使うことができます。

このようなコンパクト冷風扇を探して車で行ける2か所の大型電気店に行ってみましたが、あまり需要がないのか、見つけることができませんでした。
その後、ビバホームにて上記商品を見つけて購入することができました。

ビバホームで購入することができたのですが、もし見つからなかった場合はネットで購入しようと思っていました。
上記のポイントをもとにネットで選んでいた商品をこちらに紹介させてもらいます。

どれくらい涼しくなるか計測してみました

実際にどのくらい涼しくなるか温度を計測してみました。

温度計は冷風の出口の前ではなく、冷風機の横に置きました(高さ20センチくらい)
(実際には上の図よりもう少し手前に温度計を置いてます)

比較対象として、普段リビングの壁際(高さ1mくらい)に置いてある温度計とともに計測していきました。
温度計は同じものを使用しています。
(同じリビングでの2か所の計測ですが、位置・高さなどによって普段から少し温度差はあります)

冷風機の風量を98(Maxは100)にして計測

  • 最初の30分で-1.2度 3時間で-2.0度
    (壁の温度計は3時間後に-0.2度)
  • 風量を大きめに設定しているせいか、音は少し気になる。
    (眠れないほどではない)
  • タンクの水が3時間で8分目⇒3分目くらいまで減っていた。

離れたところでは全く冷風扇による涼しさは感じられませんでしたが、直後から温度の降下が見られたように、近くでは冷風効果が感じられました。

冷風扇の前に置いてあった愛犬用のクッションがかなりひんやりとしていました。

冷風機の風量を50にして計測

  • 最初の30分で-0.6度 3時間で-1.9度
    (壁の温度計は3時間後に-0.2度)
  • 風量98のときより温度の下がり方は緩やかであったが、3時間後には1.9度下がっていた。
  • 音は気にならない
  • タンクの水は8分目⇒5分目くらい減っていた

こちらでも冷風扇の前に置いてあった愛犬用のクッションがかなりひんやりとしていました。

冷風扇の風量を2段階に換えて、2日間にわたって計測してみました。
温度計測の方法は同じにしましたが、それぞれの気温・湿度など違いもあります。
どちらの結果からも、室温はほとんど変わりがありませんでしたが、冷風扇の近くを涼しくすることができました。今回は水道水の水を使用しましたが、氷水を使ったりタンクに保冷剤を入れたりすることでもう少し冷却効果が見られると思います。
maman
愛犬のスペースを涼しくするのには十分に役立ってくれそうです

まとめ

暑い夏に向けてコンパクト冷風扇を買ったので、実際に冷風扇による温度変化を計測してどれくらい効果があるかを調べてみました。

気温・湿度などの状況によっても変わってくると思いますが、冷風扇の近くにおいては涼しくする効果は感じられました

今回計測したのは最高気温が30度くらいの日でしたので、今後猛暑日などではここまでの効果は難しいと思います。
それほど熱くない日、またはクーラーである程度まで室温を下げた状態のときに冷風扇をスポット的に使うことで効果が感じられ、涼しく快適になると思います。

また、冷風機は水を使うので湿度は上がってしまいます。換気した状態で使うようにします。

クーラーはちょっと苦手・・・・

という人も多いと思います。
クーラーをガンガン効かせるのではなく、ある程度まで室温を下げたら冷風扇を使うことで「優しい涼しさ」で快適に過ごせるのではと思います。

そして、電気代◎
お財布にも優しい冷風扇です😊

maman
安くて涼しくてありがたいです。

 

クーラーと冷風扇を上手く使って、快適・健康的に夏を過ごせるようにしたいですね。