ご覧いただきありがとうございます。ふろむ50~50代主婦mamanのブログ~

朝Schoo生放送授業「人間関係の技術」受講後の感想

2020年4月6日、朝Schoo生放送授業「人間関係の技術」を受講しました。

Schoo の生授業は夜にあるものがほとんどですが、月曜の朝に「朝Schoo」というのがあります。
月曜朝9時からということで、いつも気になりながらも
なかな生受講することが出来ていませんでした。

が、今回初!朝Schooの授業を受講することが出来ました

「人間関係の技術」という、誰もが悩みを持っていそうな「人間関係」についての「技術」
どんな授業かとすごく興味がありました。

実際受講してみると、とても素敵な先生で、
辛く悩んでしまいがちな「人間関係」を前向きによくできそうな
「技術」を教えてくださいました。

1週間の始まりが明るくなりそうな授業でした。

受講から少し日が経ってしまいましたが、
朝Schoo生放送授業「人間関係の技術」を受講してわかったこと、印象に残ったことなど
書かせてもらいます。

コミュニケーションには3つの壁がある

コミュニケーションをひとくくりにしないで、自分の「壁」が何かを考えます。
なぜコミュニケーションって難しいのだろう???って考えてみます。

先生のお話では3つの壁があるということです。

  1. 自分が思ったことをちゃんと整理して言語化できるか
  2. 自分が意図したとおり言葉などを使って伝えられるか
  3. 相手が自分の想いをわかってくれるか

確かにそうだと思いました。

伝える前に、
「①なぜ自分がそう思った(言いたいの)かを整理」しないといけないですし、
先生によると、「伝えることで相手にどういう結果を返してほしいか」までを整理しないといけないそうです。

そして、それを「②意図したとおりに伝える」には
語彙力が大切だったり、前後のフォローが必要だったり、曖昧な言い方を避けるべきだったりします。

そして、あとは「③相手がわかってくれているか
これが特に難しい気がします。
自分が伝えたことに対して、相手がどう感じたか、思ったか、
先生が言われるには「察するを確認」すれば良いとのこと。
(私的にはちょっと難しいです・・・・)
だから、コミュニケーションが大事なのですけれど、くるくる回っています。

受講生の皆さんも③が難しいと思う人が多かったようです。そんな時は、

teacher
自分が不安に思っていることをしっかり伝える
「お手数かと思いますが、いちおう確認させてください」
のように
「あなたのことを思っているけど不安なので
解消さえてください」ということを
しっかり伝えるのが大切

ちょっと難しさが解消された気がします!!

誰かにとって「苦手な人」にならないようにするには?

すべての人に好かれなくても「嫌われない」ようにしたいものです。
そのために「傾聴スキル」が大切になります。

  • 相手の話にうなずく
  • 相槌をうつ(ワンパターンにならないように!)
    「なるほど」は「おっしゃるとおりです」「そうでしたか」などをつけ足してやわらかくする
  • 復唱する

また、語彙力がなくワンパターンの受け答えになってしまうという質問に対して、
先生が実践されていることを教えてくれました。

teacher
周りが使っていていいなと思ったことをメモする
その日のうちに使ってみる

豊かになるし、楽しくなるそうです。すぐに使ってみるというのもいいなあと思いました。

苦手な相手と打ち解けるために必要なのは頻度!!だそうです。
嫌われないために接触回数を増やす、
かかわりをやめてしまうとそこで終わってしまうので

teacher

とにかくちゃんと挨拶する
相手の名前をちゃんと呼ぶ

先生も実際に過去に苦労された経験から、とにかくこれを実践されたそうです。
基本的なことですが、とても大切なことだと思います。

言いにくいことを伝えるために

これはとても大切なことを教えていただきました。
(わかってはゃいるけど、出来ていなかったりするので・・・・)

  • 方的に話さに相手の意見を聞いてあげることが大切。
    まずは相手に事実確認をしてから!
  • 言いにくいことこそ、「逃げ場」を作ってあげる。
    ただ批判されるというのは苦しいこと。
    「こちらの確認不足で申し訳ないですが・・・」
    「こちらのミス(勘違い)だったら申し訳ないですが・・・」
    のような言葉を使う。
  • 重い話ほど、軽くして、深刻になりすぎないようにしっかり伝える

先生について

今回の朝Schooの授業ではすごく納得のできるいいお話を聞くことが出来ました。

私はそれなりに長い人生を生きてきたので、自分なりにいろいろな人間関係を
経験して、それなりに悩んだり乗り越えたりして、今に至ってます。

なんとか自分にとって「程よい」人間関係を築けてはいますが、
それでも、今回先生の話を聞くことで、
「そうすればよかった」「これからはそうしよう」と思うこともありました。

生授業をされている先生の話し方、言葉の使い方などを見せていただいても
すごく「相手を思いやって」話されているのを感じました。

先生のブログを少し見せていただきましたが、それぞれに
参考になる、ためになる内容がありました。

元局アナが教える、人生をかえる話し方☆一言で聴衆をファンにする『アクトレス・スピーチ』

また読ませていただきたいと思います。

「人間関係の技術」は一生必要なものだと思います。
先生のお話を参考に、自分の人間関係にもプラスにしていけるようにしたいです。