ご覧いただきありがとうございます。ふろむ50~50代主婦mamanのブログ~

ブックオフで古着買取。2回目は少数精鋭!?買取価格はどれくらい?

ブックオフに古着を持ち込み、買取をしてもらいました。
今回で2回目です。

1回目は初心者で何もわからず、年末で要らないものを片づけたいとう思いもあり、
「とにかく引き取ってもらう」ということでしたが、
2回目となる今回は、少し考える余裕もあり、持ち込んだ古着と時期を考えていきました。

2回目の買取に持ち込んだ古着、買取価格、買取でわかったことなど書かせてもらいます。

今回の買取ポリシーは?

またしてもポリシーなんて言葉を使ってますが(そんな大したことではないのに・・・)
1回目と基本的には共通のものがあります。

とにかく、不要と思われる洋服を処分してスッキリしたい!
その処分について、なるべく労力をかけずにしたい!
できることなら少しでも高価買取してほしいが、
それよりも引き取ってもらて、どこかで何かの役に立ててほしい!
この考え方は基本的に変わりません。
なので他店舗に持って行って比較する、というのはしていません。
ですが、前回の経験から、買取メモにもあるように
買い取ってもらう季節も大切
(シーズンの少し前が需要も高く、買取額も高くなりやすい)
ということで、これから需要が高くなるもの、
入学・卒業式のスーツ(娘用)、スプリングコートを持ち込むことにしました。
どれも1,2度くらいしか着用していません。
しかも入学・卒業式のスーツは思い出、思い入れもあります。
(実際、数年前に別店舗に持って行ったことがありましたが、買取価格が安く、
それならば手放すのはやめようと断念したこともあります)
なので、自分の中で最低買取価格を決めておいて、
それ以下ならここで買い取ってもらうのはやめて、別の方法を考えるということにしました。
前回の記事のまとめでも書いてます。
思い入れのある洋服、もうちょっと高く売りたい洋服などは、
査定してもらってから判断して、
別のところに持っていく、あるいはフリマアプリに出すなどして、
より納得できる方法で売ることを検討するのがいいのではと思いました。
(1回目買取後の記事より)

持ち込んだ古着・準備

ということで、持ち込み数は少ないですが、一着一着に思い入れがあり、
購入したときの価格も高いという、”少数精鋭”です。
すべて洗濯・クリーニング済の状態ですが、スプリングコート以外は
かなり長い年数(入学式のは10年以上)が経っているので、アイロンをかけて
キレイにたたみなおしました。
入学式用スーツは「こんなに小っちゃかったんだ!!」なんてついつい
感傷に浸ったりしてしまいました(小1の中でも小柄な方でした( ;∀;))

買取結果

店舗は空いていました。
受付をしてから約20分ほど待ちました。
この間に、前回同様、売りに出ている商品をチェックしました。
私が持ってきたような、入学・卒業式用スーツも並んでいました。
そこにあった商品の値段・状態から自分が持ってきたスーツが
どのくらいになりそうか考えてみたりしました。
買取結果はこちらです。
どの洋服がいくらで買い取ってもらえるか教えてもらいます。
お客様のご要望に合わせて、1点ずつ明細をご確認いただく事が出来ます。
卒業式のスーツがもう少し高く売れたらと思いましたが、
全体として自分が想定してた最低買取価格以上だったので、買い取ってもらうことにしました。
2回目なので会員カードと身分証明書の免許書を提示して、サインします。
現金を受け取り、買取終了となります。

わかったこと・思ったこと

今回持ち込んだ古着の数は3点のみでしたが、1回目よりははるかに高い買取金額となりました。

需要が高くなるシーズンの直前に持ち込んだ
*かなり年数が経っていたが、現在も人気のブランドのものだった
*かなり年数が経っていたが、着た回数も少なく、状態も良かった
ブックオフの査定のQ&Aにもこのように書いてあります。
状態が良いもの、新しいもの、人気ブランドは、通常のお品物より査定金額がアップする場合もございます。
今回のものは新しくはありませんでしたが、状態が良く、人気ブランドということは
考慮してもらえた気がします。
入学式用スーツは、専用のスーツカバーとハンガーも一緒に引き取ってもらいましたが、
それによって査定がアップするといことは特にないといわれました。

卒業式用のスーツはもう少し早めに出しても良かったのかもしれません。
フリマアプリなどを見てみると、同じようなブランドで似てるデザインのものが
もっと高めの価格で出ています。
売り方によってはもう少し高くすることができたかもとも思います。
・・・・などなど、反省(?)することもあったりしますが、
2回目としてはまずまずだったのではないかと思います。

あとは、店舗でいい方に見つけてもらって買ってえもらいたいと思います。

関連記事

スッキリした生活・インテリアが好みであるにも関わらず、 どちらかというと、「捨てられない」タイプの私です。 今までず~~と着ない洋服をなかなか処分することができず、 「箪笥の肥やし」的な洋服もたくさんあります。 そんな私が、年末[…]